BodyTalk感想・実母のミラクル

セッションの感想をいただきました。掲載のお許しをいただきましたのでこちらでご紹介します。

『先日は帰りに母のことでご心配をおかけしました。
奇跡が起こったので文章にしてみました。
私は絶対にボディトークが影響してると思います。でなければこんな奇跡起こるはずがありません😌

実母のミラクル

一昨年の2月に大動脈解離、さらに6月帯状疱疹をきっかけにすっかり人が変わったように記憶力や会話力が著しく低下し、まるで90歳過ぎたもうろくおばあちゃんのようになった母は身体的にも車椅子がやっとの生活なので、父が自宅で介護するには手に負えず、介護つき賃貸住宅にて生活していました。時々帯状疱疹の後遺症で胸が痛むこと以外は穏やかに過ごしていましたが、今月2日に胸が締め付けられる程の激痛を訴え、救急車で総合病院に搬送され、心筋梗塞とのことでカテーテル手術を受けました。


一命をとりとめて意識も戻ったと同時に奇跡が起きました。


なんと介護施設に入る前のおしゃべりな母に戻っていて、早く自宅に帰らせて❗と騒ぐ始末…
施設に入っていたことを覚えてないのです。誰がそんなところに入れたのか?と怒るくらい。


どうやら大動脈解離の手術以降からの記憶がなくなっていて、今回の心筋梗塞の手術で脳の一部が復活したようです。
身体の動きも機敏で、とにかく早く自宅に帰ってもとの生活をしたいとまで…
驚きました。


沢山の高齢者を見てきたケアマネージャーさんもこんなことは初めてだとびっくりしていました。


私も帰省する度に変わり果てた母の姿をみて、もう元の母に戻ることはないだろう、寿命も長くはないだろうも感じていて、いつでも別れを覚悟していました。

本当に驚きの出来事でした。
令和ショック‼️
とても嬉しい出来事でした。』

感想文、ここまで。

こちらの感想をお寄せくださいました方、ここではAさんとお呼びすることにします。

Aさんは私のクライアントさんで何回もセッションに通われている方からのご紹介でここ2回ほどBodyTalkのフルセッションを受けてくださっています。

Aさんはお母様の代理でセッションを受けに来られていたわけではなく、

お母様の今の状況をなんとかしたくてご自分がセッションを受けに来られたということでもなく、

ただ、今のご自身の生活の状況を改善させることを願ってセッションを受けておられます。

初回も今回もセッション中にはご家族のことは家族構成や幼少期どのように過ごされていたかをほんの少しお話ししていただいた程度でした。

2回目の今回、その日のセッションも終わりお話をしていた時、お母様が緊急搬送されたとの電話連絡が入ったのです。

私は大変驚きましたが、Aさんは来るべきものが来たとでもいうのか至って冷静で。

その後、Aさんから以前のお母様に戻ったというこのお知らせを受けた時、私は数回読み直しをし、急いでセッションの内容を確認したほどでした。

この2回のセッションがお母様にどのように作用したのか、私が確認するすべはないし、説明をすることはできません。

Aさんとご家族にとって必要な経験が起きました。ただその事をお伝えしたいと思います。

Aさんとご家族がこれからも大切な時間を過ごすことができるようになって本当に良かったと私も心から思います。

掲載を許可してくださいましたAさん、どうもありがとうございました。

BodyTalkほか各種セッションはイベントで体験していただけるほか
横浜・茅ヶ崎でも、また辻堂の自宅セッションルームでも受けていただくことができます。

スケジュールやご予約はこちらのページからお願いします。

https://reserva.be/relaica



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP